kotohana* akiraのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「ひまわりの真ん中の作り方」解説。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 クイリングマルシェ2014にて販売しましたキット「ひまわりのフレーム」の作り方で、不明な点についてご質問をいただきましたので、写真つきで解説させていただきます(^-^)/

キット「ひまわりのフレーム」(フレーム付き、なしともに説明書共通です)

1406271.jpg

 ご質問はひまわりの真ん中、花芯の作り方についてです。

①まず、茶色と黒のペーパー1本ずつを、2枚重ねて貼り合わせます。

himawari01.jpg

 貼り合せる時は2枚を少しずらすと巻くときに巻きやすいです(^▽^)

②ボンドでくっつけた方からツールバーで巻いていきます。

himawari02.jpg

 茶色と黒、上下がどちらでもかまいません。

③はしまで巻き終わったら、ボンドをつけずにツールバーからそっと外します。

himawari03.jpg

④ハサミで長い方のペーパーを切り、2本の長さをそろえます。

himawari04.jpg

 茶色、黒ともにボンドをつけてとめます。

⑤ひまわりの真ん中、完成です(^^*)

himawari05.jpg

 違う色のペーパーを重ねて巻きますと、2色を混ぜたような風合いの色味が出るのが面白いです。ひまわりの真ん中を作る際は、茶色に黒以外の色を重ねてまた少し雰囲気が違う真ん中を作ったりもします(^▽^)

 この真ん中の作り方は「ひまわりのウォールオーナメント」と共通です。

himawariw2014.jpg

 他のキットでも何か不明な点、わかりにくい部分がありましたら、ご連絡いただけましたらブログにて解説させていただきますm(_ _)m

 ご質問ありがとうございました。

 楽しく作っていただけますように*

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© kotosumi*. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。