紙工芸kotohana* saoriのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。
page top
豊岡市コウノトリ文化館へ。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 今回は城崎温泉・近郊観光レポートの続きです(^-^)/

 城崎温泉の宿に泊まった翌日は近くのコウノトリ文化館と、山陰海岸ジオパークの1つ玄武洞へ行ってきました。まずはコウノトリ文化館から。

 兵庫県豊岡市は、野生コウノトリの国内での最後の生息地でした。乱獲や環境の変化により生息数が減り、1965年から人工飼育が開始されましたが、1971年には野性のコウノトリは姿を消しました。

 以降ロシアからコウノトリを連れてきての繁殖を試みたり、官民一体で生息環境の改善に取り組んだりして2005年に繁殖に成功したコウノトリを野性に放ち、現在に至ります。

 こちらはコウノトリ文化館のすぐ外の川で、エサを探していたらしい野性で暮らすコウノトリです。

14052517.jpg

 野性に放たれても、エサがある文化館の近くに戻ってきたりもしているようです。賢いですね(^▽^)

14052518.jpg

 こちらは施設内で飼育されているコウノトリ。

1405251.jpg

 何かを見つけて捕まえたようです。

1405252.jpg

 結構近くで見れます。

1405253.jpg

 こちらはコウノトリの巣の見本。成人女性が座ってこのサイズ!約2mは大きいです!ちなみに座っているのは妹です(笑)

1405254.jpg

 それからこんな郵便ポストがありました♪

14052519.jpg

 そして施設前のバス停はその名も「コウノトリ」。待っていると…

14052520.jpg

 豊岡市地域ブランド品、鞄のラッピングが施されたバスがやってきました!

14052521.jpg

 バス停「コウノトリ」から鞄(のバス)に乗って…って、何だかちょっとしたファンタジーですね(^^*)

 コウノトリ文化館は入館料無料ですが、募金をすると記念にファイルとコウノトリの折り紙をもらえました。

1406031.jpg

 次回はマルシェ出品キットのご紹介2です*

【豊岡市コウノトリ文化館】
http://www5.city.toyooka.lg.jp/cms/kounotori/index.html
【「豊岡鞄」オフィシャルサイト】
http://www.toyooka-kaban.jp/

**委託販売先です**
logo_header5.gif

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/04 09:23)
豊岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]
ケノーベル エージェント 2014/06/04/Wed 09:23
© kotosumi*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG