kotohana* akiraのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。
page top
吉田健一『私の食物誌』
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 今回は吉田健一『私の食物誌』のご紹介です(^-^)/

1401161.jpg

 年末年始の休みに読破した1冊です。著者は英文学の翻訳家、評論家、小説家ですが、この本は著者が日本全国の「旨い物」をつらつら書き綴った随筆集です。

 書かれた時代は昭和46年。1年間にわたり読売新聞紙上に連載された随筆をまとめたものです。そのためでしょうか、食べ物の話に当時の世相や社会問題も絡めて語られており、非常に面白い読み物でした。見開き1頁で1つの食べ物について書かれているので、ちょこちょこ細切れでも読みやすかったです。

1401163.jpg

 少し話が横道にそれますが、先日ご紹介しました江國香織『パンプルムース!』。こちらのあとがきで江國さんは絵本などにでてきた「ぶどう酒」と、現実のワインの不一致について書かれています。

(以下引用)

 子供のころ、絵本にでてきた「ぶどう酒」というものに、心惹かれたことを憶えています。なにしろそれは、ごちそうのならぶ場面にきまってでてきましたし、言葉の響きが得も言われずふっくらとして、うっとりするほどいいものに思えたのです。その後私は大人になって、ワインをのむようにもなりました。でもそれは、子供のころにうっとりと思い描いた「ぶどう酒」とは、どうしても一致しません。永遠にしないだろうと思います。私はその不一致が嬉しい。

(以上、江國香織『パンプルムース!』文庫版あとがき70頁引用)

 吉田氏の食物誌に書かれている食べ物は、例え今現在でも各地で作られていて食べられるとしても、昭和40年代当時の味とは(おそらく)遠く隔たってしまっているのではないかと思います。本文中でもいくつか「もう食べられないのだろうか」と回想を交えて語られていた食べ物もありました。

 ですから、この本を読んでいくらわたしが味の想像を膨らませてみても、それは永遠に食べられない食べ物、江國さんが言う絵本に出てきたぶどう酒と現実のワインとの不一致、それと同じなんだろうな、と思わずにはいられませんでした。

1401162.jpg

 それが悲しいことなのか、つまらないことなのか、どうなのかは、人それぞれ感じ方が違うと思います。わたしは「永遠に食べられない食べ物」を、この本を読む度に「頭で味わえること」が愉しいと感じます。本を読む元気があれば、いつでも味わえるのですから(^^*)

私の食物誌 (中公文庫)私の食物誌 (中公文庫)
(2007/07/25)
吉田 健一

商品詳細を見る

 レティシア書房さんにはわたしが持っている版と同じ、ケース入りの『私の食物誌』(古書、1000円)が置いてあります。(2014年1月15日現在)

 お買い求めの際はぜひご利用ください*

【古書・ミニプレス&ギャラリー レティシア書房】
〒604-0827
京都市中京区高倉通り二条下がる瓦町551
12:00~20:00(月曜定休)
TEL/FAX 075-212-1772
info@book-laetitia.mond.jp
http://book-laetitia.mond.jp/


**委託販売先です**
logo_header5.gif s247.png

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

愉喜さま
サンボのバター!!わたしもです!
あとマンボかあさんが作ってたパンケーキ!!!
あれは永遠に出会えないのでしょうね~。

頭で味わう感覚、わかってくださる方がいて嬉しいです♪

寒中見舞い、数年前の写真なのですが、
気にっているので今回採用したのでした(^▽^)/
あれくらいなら、近所でも降り積もることがあります*
akira | URL | 2014/01/19/Sun 23:04 [編集]
ありがとうございます(=^0^=)
素敵な寒中見舞い、さっき届きましたよ~♪
ありがとうございました(〃⌒ー⌒〃)
フレームも素敵♪

永遠に食べられない食べ物を
本を読む度に、頭で味わえることっていう感覚が
実は、すごく良く分かります!

ワタシは、子供の頃、ちびくろサンボに
出来てくるトラのバターの味を
勝手に想像していました(笑)
あの味を超えるバターには、まだ出会えてません(゚∇^d)
愉喜(ゆき) | URL | 2014/01/18/Sat 17:23 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© kotosumi*. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG