紙工芸kotohana* saoriのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。
page top
閑話休題。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 作品展やアートフリーマーケットでは、左下の小さなスケッチブックを「芳名録」として用意しています。

1312234.jpg

 こちらに連絡先を記帳いただけましたら、今後の作品展のご案内など送らせていただきます。

 連絡先だけでなく、嬉しい感想の一言も残してくださる方もおられますので、このスケッチブックはただの芳名録ではなく「宝物」でもあります(^-^*)

 今回の作品展、9月に京都文化博物館別館および近隣エリアにて開催されました、京都アートフリーマーケット2013秋でDMを配布して宣伝しておりました。その成果もあり「アートフリマで見てきました」というお客様が何名もおられました。

 「もう一度みたい!」と思って足を運んでくださったことが、本当にすごく嬉しかったです(>ω<) イベント出展は準備などが色々大変なのではありますが、そんな大変さもきれいさっぱり吹き飛ぶ嬉しさです♪ありがとうございました。

 インターネット上での情報発信もですが、作品を持ってどんどん外へ出て行くことも大事だなぁと、アートフリーマーケットからの繋がりを感じた今回は特にしみじみと思いました。

 でも実は、次回アートフリーマーケット2014春は出展の抽選に落ちてしまいました。

 落ちてしまったことは残念だったのですが、出展できない分「空き時間」ができました。そこで、その空き時間を有効に活用しようと考えまして…

 2014年9月30日(火)~10月12日(日)、レティシア書房さんにて作品展をすることに決めました(^O^)/

1312251.jpg

 次回は「わたしの読書感想クイリング」、本を読んだ感想をクイリング作品で表現します。

 画像は作品展DM(仮)でして、今回の作品展会期中に配布したかったので現時点で唯一の「読書感想クイリング」作品をDMにしました。会期が近くなりましたらあらためてご案内させていただきます。

 わたしはもともと本が好きでして、大学時代4年間はレティシア書房店長が店長を勤める新刊書店にアルバイトとして働いていました。大学(京都精華大学人文学部卒)でも遠藤育枝先生の児童文学のゼミに所属し、司書課程も履修して卒業時に司書資格も取りました。

 この「自分が歩んできた道」を何とかクイリング活動でも生かしたいと、ずっと考えていました。本にちなんだキットを作ってみようかとか、レッスンコースを組んでみようか、などなど。

 でもまずは自分が好きな本、物語を作品にしてみようと決めました。そういうわけで、作品展タイトルに「わたしの」と入れました。場所が古書店内のギャラリーですので、可能なだけ作品にする古書を集めて販売もできたらなぁと考えています。

 ちなみに、ほぼ毎回「クイリング」という言葉をタイトルに入れるのにも理由があります。それは、まだまだクイリングという言葉が浸透していないなぁということを実感することが度々ありますので、とにかく目にして覚えていただきたい!という強い思いがあるのでした(苦笑)

 来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、わたしは来年の秋どころか再来年の話もちょっこりしておりますので、これは相当笑い転げられているのではないかと思います(^-^;)

 次回もどうぞよろしくお願いいたします*


**委託販売先です**
logo_header5.gif s247.png

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

愉喜さま
そうです、読書感想です!
なので今から本を読み込んだり、
選んだり探したりと準備初めてますよ~(^◇^;)

作品展やイベント出展は、ハードなのはハードなのですが、
一旦「休憩」してしまうと、今立ってるこの場所には
戻れないような気がしてます。
位置エネルギーを保つために次々活動してる感じです(笑)

読書もクイリングも好きなことなので、
没頭できるのが案外日常生活の気分転換になってる気がします。
ほら、基本の仕事が家事育児ですから(苦笑)

年末年始はたっぷり読書して過ごそうと思います(^^*)
akira | URL | 2013/12/27/Fri 15:38 [編集]
こんにちは^^
次は「わたしの読書感想クイリング」ですね♪
作品展は、準備もホントにハードなのに
休む暇も無く、次の目標にガンバっていける貴女は
スバラシイです!!
でも合間には、時々ゆっくりしたり
気分転換もタップリとしてくださいね(゚∇^d)
愉喜(ゆき) | URL | 2013/12/27/Fri 10:52 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© kotosumi*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG