紙工芸kotohana*

紙工芸kotohana* saoriのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。

内籐貴子先生クイリングカレンダー限定予約販売。

 個展9日目、今日は開店12時~14時頃まで在廊の予定です(^-^)

 作品展では作品や販売品のほかに、ボタニカルクイリング・ジャパン認定インストラクター作品集2010年版2011年版や、内藤貴子先生「大好き!ペーパークイリング」も一緒に展示しています。

大好き!ペーパークイリング―紙をクルクル巻いて楽しく作る小さなクラフト大好き!ペーパークイリング―紙をクルクル巻いて楽しく作る小さなクラフト
(2011/06)
内藤 貴子

商品詳細を見る


 内藤先生のご本には立体作品やレシピの他に、アンティーククイリングを再現なさった作品も掲載されています。

 クイリングをご存じない方に「クイリングは紙が貴重だった昔、聖書の切れ端の紙を鳥の羽(quill)で巻いて、宗教画や宗教道具を装飾していたのが始まりなんです」とご説明した後、先生の再現作品のページをご覧いただくと…

「わぁ!∑(◎O◎)」

 と、ものすごーくいいリアクションをしてくださいます♪

 やはり口で説明するだけより、実物(写真ですが)を見ていただいた方が伝わりやすいです。アンティーククイリングのお話をすることで、単なるペーパークラフト、ホビーに留まらないクイリングの魅力がより一層お客様にお伝えできているのではないかな?と思います(^-^)

 そしてアンティーククイリングの再現作品をご覧になってお客様が「へぇ~」となったところに、IBQ作品集をお出しして「ほぉ~」となりつつご覧いただくという流れになっております(笑)

 内藤先生、著書の展示をご快諾くださりありがとうございました*

…*…*…*…*…*…*…

 さてさて、その内藤先生、なんと今年は来年のカレンダーも制作&販売なさいます!

→カレンダーの写真紹介はこちらから
ユキマリ~さんのブログ【ラブ&クイリング】のカレンダー紹介記事
内籐貴子クイリングカレンダー限定予約販売のお知らせ♪

→カレンダーのご予約はこちらから
【2013年クイリングカレンダー】予約受付

 内藤先生の素晴らしい作品が並ぶこちら、カレンダー付き作品集だとわたしは思います(>ω<)

 こちらもぜひぜひ、よろしくお願いいたします*
[ 2012/10/18 09:22 ] クイリング | TB(0) | CM(6)
ユキマリ~さま
いえいえ、どんどん来ちゃってください(>ω<)
その方が楽しいですやん♪

ユキマリ~さんにもぜひあの実物原寸大を
実際に目で見ていただきたいです!

ある友人は「持ってみたい!」と食い付いてくれて、
手のひらに乗せてその軽さを体感してもらいました(笑)
中身、空っぽですしね(^▽^)
[ 2012/10/19 22:42 ] [ 編集 ]
2人の会話↓に割り込み失礼します^^;
まにさんから、羊ちゃんがDMよりも
更にもっと大きいんだよ~と聞いて
ワタシも少しビックリしました(笑)
あれより大きいとなると
作るのもけっこう大変ですもの!
いつか機会があれば
実物ぜひみてみたいです*⌒▽⌒*)
[ 2012/10/19 14:15 ] [ 編集 ]
まにさま
ユキマリ~さんの紹介記事を見ていたら
カレンダーの方がおまけに見えてしまったんですよ~(^▽^;)

羊、今日も驚いていただけてわたしは大満足でした(笑)
ありがとうございます♪
[ 2012/10/18 22:57 ] [ 編集 ]
ユキマリ~さま
ご紹介しますといっておきながら、
随分と遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
やっとご紹介できてスッキリ~です♪

最初は自分でクイリングの紹介も作るつもりだったのですが、
シェイプサンプラーなど全然手が回りませんでした…

それで先生の著書を展示させていただこうと思い、
先生にご連絡してご了承いただきました。

先生のカレンダー付き作品集、
わたしも買います♪
そんなにお褒めいただくと、恥ずかしいです(苦笑)
[ 2012/10/18 22:54 ] [ 編集 ]
ほんと〜、カレンダーに先生の作品が載ってるのではなく

作品集にカレンダーがついてるという発想。

さすがですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ユキマリ〜さんにも あの羊を見て欲しい。
私の作品ではないですが(^◇^;)

だって、だって、ホントに驚いたのです!!

[ 2012/10/18 18:23 ] [ 編集 ]
ありが
個展でお忙しい中
内籐先生のカレンダー
ブログでご紹介いただき
宣伝部長のワタシからも
厚くお礼申し上げます♪
ありがとうございましたっm(_ _)m

カレンダー付き作品集v-353
さすが詩人のakiraさん♪
なんて素晴しい宣伝文句なんでしょう(笑)

個展での様子は、とても刺激的で
ブログ読むのが楽しいです。
先生の本を、個展でそんな風に
使ってくださるとわ~目から鱗ぽろりん~でした(笑)
ありがとうございます(*⌒▽⌒*)
[ 2012/10/18 14:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する