紙工芸kotohana* saoriのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。
page top
8月の活動報告その2。
 8月の活動報告その2です(^-^)

 8月の頭、琵琶湖烏丸半島のハスの群生地~滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山~醒ヶ井の梅花藻を巡る日帰りバスツアーに参加してきました。

 伊吹山はきれいな花を咲かせる高山植物がたくさん生えていて、ツアー自体の名前も「雲上のお花畑」と銘打ってあるほどです。そしてその名に偽りはなく、ほんまにお花畑が楽しめるのです(>_<)去年も参加したのですが、この伊吹山があまりにも素晴らしかったので今年も行ってきました。

 まずは烏丸半島のハス。

1208078.jpg

 写真のとおり、一面ハスです!花の盛りは少し過ぎていましたが、それでも見渡す限りハスの葉と花に埋め尽くされた景色は圧巻でした。

 ハスを楽しんだ後、しばらくバスに揺られて伊吹山へ。ドライブウェイを上がる途中に見える景色も素晴らしいです♪

 伊吹山自体は標高1377mという高い山ですが、9合目までドライブウェイが通っていてそこまでバスで行けます。そして残り1合100mほどの高さを花を愛でながら山頂まで歩きます。

 9合目の駐車場から、初心者コース(緩い登り、約40分)を歩いていざ山頂へ。この道は歩きやすく整備されていて、景色やお花を楽しみながら登るのにもってこいのコースです。

1208077.jpg

 イブキトラノオ。こちらの瑠璃色の可愛らしいしっぽのような花は伊吹山の固有種です。

1208072.jpg

 コオニユリ。ちょうどシーズン真っ只中で、たくさん咲いていました。

1208079.jpg

 稜線の向こうに見えるのは雲ばかり。

1208073.jpg

 駐車場から約40分、山頂に到着。

1208075.jpg

 山頂からは、ゆったりと流れる雲が連なる山々に落とす影が見えます。

1208074.jpg

 まさに別天地。

12080710.jpg

 そんな浮世離れした景色をたっぷり体感して堪能した後は、清流で名高い醒ヶ井へ梅花藻を見に。

1208071.jpg

 梅花藻は清い流れにしか生えない藻で、花の時期には水面~水中でゆらゆらと流れに身をまかせている可愛らしい姿を見ることができます。行った時はちょうど満開でした。

 こうして見所たっぷりのバスツアーを楽しんで京都に帰ってきた頃には、日もとっぷり暮れていました。

1208076.jpg

 去年も今年も天候に恵まれて、とても素晴らしい伊吹山の景色やたくさんの花々が楽しめました。来年も同じツアーに行こう!と、もうこころを決めています(^▽^)

 普段制作をする際は写真資料を参考にすることが多く、また大抵の場合それで事足ります。しかし自分の目で本物の花を見て受ける感銘ほど強い創作意欲を呼び起こすものはないと、伊吹山のお花畑を体感してわたしは思いました。

 自分の目で見て感じること。それを大事にして制作、創作を続けてゆきたいです。

 活動報告その3へ続きます*

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まにさま
梅花藻が咲いていた醒ヶ井という所は
昔ながらの雰囲気を残した住宅街でした。

そこを流れる小川に生えているので、
住民の方々の川を美しく保つ努力が
素晴らしいのだろうと思いました(^-^*)

伊吹山は9合目から、初心者向けコースをゆくのでしたら
大人の足で約40分、気軽に登れちゃいますよ♪

ただ1300m超の高い山ですので、
天候や気温の変化には注意が必要です(>_<)

今度は秋や春にも登りたいです(≧∇≦)
akira | URL | 2012/09/06/Thu 13:30 [編集]
綺麗なところですね(*^◯^*)

梅花藻 かわいいo(^▽^)o

これが咲いてるということは水が綺麗な証拠ですね
(^O^☆♪

ずっとずっと守っていかなきゃいけない自然です。

9合目まで車でいけるので気軽に登れる感じですか??
まに | URL | 2012/09/06/Thu 07:34 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© kotosumi*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG