紙工芸kotohana* saoriのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。
page top
山陰海岸ジオパーク・玄武洞へ。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 今回は山陰海岸ジオパークの1つ、兵庫県豊岡市にあります玄武洞へ行ったお話です(^-^)/

 ジオパークといいますのは科学的に見て特に貴重な、あるいは美しい地質遺産がある場所が選ばれる、自然公園の一種です。

 そして山陰海岸ジオパークは京都府京丹後市、兵庫県豊岡市・香美町・新温泉町、鳥取県岩美町・鳥取市を含むエリアを指します。2010年には世界ジオパークネットワークにも加盟認定されました。(鳥取県の一部エリアはこれから加盟認定を目指しています)

 玄武洞は今から160万年前に起こった火山活動により、山頂から流れ出たマグマが冷えて固まった際に規則正しいきれいな形を作り出したものです。

14052523.jpg

 空いている洞は昔、ここから石を取り出し石垣などに組んで使っていたためです。

14052524.jpg

 今は洞の中に入れませんが、わたしが子供だった頃は中に入ることができ、内側から外を眺めたのを覚えています。

14052522.jpg

 20年ぶりくらいに来たと思いますが、崩落で天井部分が大分なくなってしまっていました。

1405255.jpg

 こちらは水辺の風景と合間った美しさを見せる青龍洞です。

14052510.jpg

 岩が天に上っていっているようにも見える流れがとても美しいです。

1405257.jpg

 水面に映る像もきれいです。

1405258.jpg

 自然の造形美というのでしょうか。

1405256.jpg

 この規則正しい形、見れば見るほど不思議でなりません。

1405259.jpg

 こちらは白虎洞。

14052513.jpg

 南朱雀洞。

14052514.jpg

 北朱雀洞。

14052515.jpg

 こちらは人が積んだ石垣ではなく、露出して風化し、角が丸くなった玄武岩です。

14052511.jpg

 散策路の途中、まるで手すりみたいに張り出した木の根っこ。

14052512.jpg

 ここは流れ出た溶岩の先端部分です。

14052516.jpg

 自然とは本当に不思議です。160万年という年月は全くピンときませんが(苦笑)自然の不思議は存分に堪能できました(>ω<)

 こちらも城崎温泉からさほど距離はありません。JR玄武洞駅前から玄武洞への渡し舟もあります。(天候により欠航することもあります) 温泉ついでに玄武洞へもどうぞ(^▽^)/

 次回はマルシェ出品キットのご紹介3です*


【玄武洞ミュージアム】
http://www3.ocn.ne.jp/~genbudo/index.html
【山陰海岸ジオパーク】
http://sanin-geo.jp/

**委託販売先です**
logo_header5.gif

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。
page top
豊岡市コウノトリ文化館へ。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 今回は城崎温泉・近郊観光レポートの続きです(^-^)/

 城崎温泉の宿に泊まった翌日は近くのコウノトリ文化館と、山陰海岸ジオパークの1つ玄武洞へ行ってきました。まずはコウノトリ文化館から。

 兵庫県豊岡市は、野生コウノトリの国内での最後の生息地でした。乱獲や環境の変化により生息数が減り、1965年から人工飼育が開始されましたが、1971年には野性のコウノトリは姿を消しました。

 以降ロシアからコウノトリを連れてきての繁殖を試みたり、官民一体で生息環境の改善に取り組んだりして2005年に繁殖に成功したコウノトリを野性に放ち、現在に至ります。

 こちらはコウノトリ文化館のすぐ外の川で、エサを探していたらしい野性で暮らすコウノトリです。

14052517.jpg

 野性に放たれても、エサがある文化館の近くに戻ってきたりもしているようです。賢いですね(^▽^)

14052518.jpg

 こちらは施設内で飼育されているコウノトリ。

1405251.jpg

 何かを見つけて捕まえたようです。

1405252.jpg

 結構近くで見れます。

1405253.jpg

 こちらはコウノトリの巣の見本。成人女性が座ってこのサイズ!約2mは大きいです!ちなみに座っているのは妹です(笑)

1405254.jpg

 それからこんな郵便ポストがありました♪

14052519.jpg

 そして施設前のバス停はその名も「コウノトリ」。待っていると…

14052520.jpg

 豊岡市地域ブランド品、鞄のラッピングが施されたバスがやってきました!

14052521.jpg

 バス停「コウノトリ」から鞄(のバス)に乗って…って、何だかちょっとしたファンタジーですね(^^*)

 コウノトリ文化館は入館料無料ですが、募金をすると記念にファイルとコウノトリの折り紙をもらえました。

1406031.jpg

 次回はマルシェ出品キットのご紹介2です*

【豊岡市コウノトリ文化館】
http://www5.city.toyooka.lg.jp/cms/kounotori/index.html
【「豊岡鞄」オフィシャルサイト】
http://www.toyooka-kaban.jp/

**委託販売先です**
logo_header5.gif

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。
page top
城崎温泉へ2。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 今回は前回に引き続き城崎温泉レポートです(^-^)/

 城崎温泉には伝統工芸品の「麦わら細工」というものがあります。

1405245.jpg

 麦わら細工は江戸時代に因州半七という人が病気をいやすために城崎温泉をを訪れ、麦わらで虫かごなどを作っていたところから発展して、色染めした麦わらを帯状に開きコマや竹を装飾し始めたそうです。

 わたしも夏休みに参加したサマースクールで麦わら細工制作体験したことがあります。割れやすくて繊細な麦わらをカットするのが難しかったのと、出来上がった装飾のきらきらとした美しさにとても満足したのを覚えています。

 手のかかる工芸品ですので、素晴らしいものはお値段青天井ですが(^-^;) ちょっとしたお土産に、買って帰りやすい品も色々とあります。

 こちらは麦わら細工で季節の花を模ったポストカード。

1406024.jpg

 麦わらの繊維のラインが見えますでしょうか?

1406023.jpg

 こちらはしおり。

1406022.jpg

 きらきらとした光沢が美しいです。

 麦わら細工のお店や城崎麦わら細工伝承館では、麦わら細工の美しい作品を見ることができます。お立ち寄りの際はぜひこちらもどうぞ。

【城崎麦わら細工伝承館】
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/info/migiwara.html
【かみや民芸店】
http://www.kamiya-mingei.com/index.html

 次回はマルシェ出品キットのご案内です*


**委託販売先です**
logo_header5.gif

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。
page top
城崎温泉へ。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 しばらく更新が滞っておりましたので、その間の出来事などもちまちまアップして行こうと思います。

 5月24、25日の週末は両親の還暦祝いで城崎温泉へ行ってきました(^▽^)/

 おりしも東京ではボタニカル・クイリングジャパン創立5周年記念イベントが開催されている週末でもありました。今回は参加できませんでしたが、次の機会にはぜひ!と思っています。その時まで京都でくるくる精進しております'(^^*)

 さてさて、実家は兵庫県北部で城崎温泉は近場にある温泉の一つですが、近場ゆえにわたしは泊まりで行ったことがなくて初城崎温泉でした。

 民芸店やおみやげ物屋さん、温泉宿が立ち並ぶ通りを浴衣を着て散策してきました。

1405242.jpg

 浴衣は宿で借りた色浴衣で、母に着付けてもらいました。ちょうど季節の鉄線柄を選びました(^▽^)

1406027.jpg

 散策の途中で城崎ジェラードを食べました♪

1405243.jpg

 食べたものの写真は取り損ねたので、こちらの看板でご容赦ください(苦笑)

1405244.jpg

 古式ゆかしい遊技場もありました。高齢の男性ばかりで、射的やスマートボールを楽しんでおられる様子でした。

1405241.jpg

 こちらは昼間太陽光発電で動くピタゴラ装置らしきもの。コウノトリが卵を運んでそれがコロコロと転がってゆくようでした。見てみたかったです!

1405246.jpg

 散策の後、宿で温泉に浸かり初の城崎温泉を楽しみました。

 もう少し城崎温泉・近郊観光レポート続きます*


**委託販売先です**
logo_header5.gif

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。
© kotosumi*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG