紙工芸kotohana* saoriのクイリングのあれこれを、京都の片隅からお届けします。
page top
サークルカッター。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 前回はサークルカッターを使って作ったものをご紹介しましたが、今回はサークルカッター本体のことを少々お話しようと思います(^-^)/

 サークルカッターと言いますのは、その名の通りサークル(円形)が切り出せるカッターです。

1406111.jpg

 わたしが使用しているものはこちらの品です。

エヌティー 円切りカッター クリア iC-1500Pエヌティー 円切りカッター クリア iC-1500P
()
エヌティー

商品詳細を見る


 真ん中のつまみ部分をぐっと指先で押さえながら、外の円形部分を持って刃を回すと切り出せます。直径2cm~16cmまで切り出すことができ、刃先も調整できるので薄い紙から厚い紙まで対応できます。

 以前は別のメーカーのコンパスのようなサークルカッターを使っていたのですが、うまく使いこなせずきれいな円形が切り出せませんでした; そこでこちらに買い換えたのですが、安定感がよくとても使いやすいです♪

 もしどれを購入したらいいか迷っておられる方がおられましたら、わたしはこちらをおすすめいたします(^^*)

 わたし自身、どの形、メーカーのがいいのかわからず、散々悩んで購入した最初のものが微妙で少々凹みましたので(苦笑)参考にしていただけましたら幸いです(^▽^)

 次回はマルシェ出品販売品のご紹介です*
 

**委託販売先です**
logo_header5.gif

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。
page top
なみなみハサミのお手入れ。
 kotohana* akiraです。京都市内でクイリング作品の委託販売、出張レッスンなどの活動をしています。

 今回はお道具のお話です(^-^)

 なみなみにカットできるハサミ「ナミッコ」を愛用しています。使用頻度が高いため、切れ味が悪くなってきたのですが…

 研ぎようのないこの刃の形状(T◇T)

1402061.jpg

 どうしたものか…と思案していた時に、ふと「アルミホイルを切るとハサミの切れ味が戻る」という話を思い出しました。ものは試し、アルミホイルをがじがじと噛ませたところ…

 切れ味が戻りました!∑(◎□◎)!!

1402062.jpg

 右がアルミホイルを噛ませる前、左が噛ませたあとです。その差は歴然。ハサミの切れ味が落ちたときは、ぜひお試しください(≧▽≦)/

 ただし、過去に虫歯治療後の歯でうっかりアルミホイルを噛んでしまい、「ひゃっ!」っとなった経験をお持ちの方は、何となーく落ち着かない気分になると思います。わたしはなりました(^▽^;)

 どうして切れ味が戻るのか、その仕組みがよくわからないのですが、同じ要領できれいに抜けにくくなったクラフトパンチにもアルミホイルを試してみたらどうだろう?と思い試してみました。

 でもこちらはアルミホイルを抜くのが大変手間なのと、何度もやっているうちにパンチのバネの部分が駄目になりそうな気がしたので応用はできないと思いました(-_-;)

 うまくはいかないものですね(苦笑)

…*…*…*…*…*…

 個包装のあめちゃんが3個くらいはいる、プチバックをいちごで飾りました(^▽^)

1402063.jpg

 キットにしようか、体験レッスンの課題にしようか、目下考え中です。

 決まりましたらまたご案内いたします*


**委託販売先です**
logo_header5.gif s247.png

**京都市内ではカフェdeラブクイリング**
lovequilling.gif
※バナーをクリックしていただくと各サイトが開きます。
© kotosumi*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG